2006年02月13日

('ω')うぎゃ〜〜ふぅぉ〜〜〜

('ω')コノ タイトル ハ ナンダ ッテ イッチャ ダメ ダヨ



  2ちゃんねる観測衛星



















259 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが 投稿日:2006/02/06(月) 23:46:03 1Clfw2kzl
コンビニのなごみ兄さんを報告してる奴だけど、今日もチョッとテラナゴミが有ったから、報告するね。

何か新しい人が入ってきたらしくて、お兄さんが指導してた。
んで、お兄さんが冗談を交えつつ、こう、後輩君を手取り足取り優しく教えてたんだ。
自分はいつもどおり、暢気に立ち読みしながらその様子を観察。

(`・ω・´) ←和み兄さん。「うん。とりあえずレジの使い方は覚えたね」
(゚Д゚;)←新人さん。「はい。判りました!」
(`・ω・´)「それで。次は中華まんの取り方ね」
(゚Д゚;)「はい」
(`・ω・´)「中華まんを取るときは、お客様をお待たせしないように、すばやく。レジから離れるときは…こうして」

   ついーー。
  Σ(; ;゚Д゚)                     ==(((((・ω・´)「ムーンウォークで」

(゚Д゚;)「ムーンウォークですか?」
(`・ω・´)「うん。お客さんに背中を見せちゃいけないの。後ろ歩きも、お客さんに失礼だから。ムーンウォーク」
(゚Д゚;)「は。はい」
(`・ω・´)「自分も最初はできなかったけど、練習で出来る様になるから」

……自分がココで笑いを堪えきれずに、いい加減不振人物になってしまったので、退場しようとしたんだけど、ふと思い立って、肉まんを注文。

(`・ω・´)「○○クン、肉まん一個お願いします!」
(゚Д゚;)「は、はい!!」     つい…つい…
                   (( (( (゚Д゚;)
(´・ω・`)「普通にでいいよ…」

私はもう限界だった。









887 名前: 名も無き冒険者 [sage] 投稿日: 2006/02/12(日) 16:14:22 ID:Zlc8vySz

  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゜・⌒) 今日もチャーハン作るよ!!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J

     Λ,,Λ
     (:::::  )・゜。   やっぱりカーチャンJ('ー` )しの味とちがう…
    (::::::::.. つニフ   どうしてだろ
  ̄ ̄と とノ ̄ ̄

     Λ,,Λ  ゴシゴシ
     (:::::  ∩゛。
    (::::::::. ノニフ
  ̄ ̄と とノ ̄ ̄ ̄

      Λ,,Λ
     (:::´・ω)。   な,泣いてないよ!
    (::::::::..つニフ
  ̄ ̄と とノ ̄

     Λ,,Λ
     (:::::  )・゜。   ホントだよ…
    (::::::::.. つニフ
  ̄ ̄と とノ ̄ ̄

      Λ,,Λ
    (:::´;ω)。   だって…おいしくできたもん…
    (::::::::..つニフ
  ̄ ̄と とノ ̄


900 名前: 名も無き冒険者 [sage] 投稿日: 2006/02/12(日) 16:17:16 ID:MMlyzCWr

     /      /|
      | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |
      |[]::       |  |
      |──── |  |
      |[]::       |  |
      |_____|  |
ガラッ  |_____.|  |  こちらスネーク
.  彡/J( 'ー`)し /| |  潜入に成功した
   | ̄ ̄ ̄ ̄|  |/    指示をくれ
   |____|/


901 名前: 名も無き冒険者 [sage] 投稿日: 2006/02/12(日) 16:17:43 ID:s3zC4vOL
>>900
かーちゃんそんなとこでなにやってんだよw

posted by Seckey at 21:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

('ω')研究室403号室




('ω')ノ今回はネットで聞ける歌ですに〜


 研究室403号室 -Forbiddena-


('ω' )曲のとこに聴けるとこ飛べるのあるからそっちでジャンプPLZ


('ω')Southern Crossとかよく日本人なのにここまで感じもするに〜


('ω')ノ頑張って【タルタル】描いてます
posted by Seckey at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

('Д')よっし

(´=ω=)ようやく新しいマウス来て助かったに〜
 ('ω')では久しく奥からネタ仕入れ


          煙いブログニュース

頑固者爺ちゃん





174 名前:27[sage] 投稿日:2006/01/26(木) 17:37:22 ID:QaAnjMUq
地元のとある橋の上に婆ちゃん呼び出した、爺ちゃん。
この時戦時中、爺ちゃんは兵隊、軍でも有名な頑固者。
婆ちゃんと爺ちゃんは家が近かったから、昔からの顔なじみだったらしい。
橋の上に呼び出された婆ちゃんは、告白されるのかな、と思ったらしい。
しかし昔は、女は男をたてる世の中、自分が爺ちゃんの気持ちを汲んで、自分が先に告白すべきと思って橋で待っていた。
でも爺ちゃんは、なかなか来なかった。
昼に待ち合わせたはずなのに、日が傾いてからやっと来た。
そして橋の真ん中で爺ちゃん、婆ちゃんの両肩を掴んで一言「聞いてくれ」と言った。

以下婆ちゃんと爺ちゃんの話を総合した文章
爺「わ、わし…は、お、お前のことが、す、好かんでもない」
婆「○○さん(爺ちゃんの名前)?私、○○さんの事が…」
爺「わし…、わし…、わし…、○○(婆ちゃんの名前)が…、す、しゅきだ…」
婆「私もです…」
爺「そんなの、と、当然じゃい!」
婆「…はい(^^」
ここまでは良かったけど、爺ちゃん、かんで『しゅき』と言ったことを思い出して、真っ赤になったらしい。
そして欄干をいきなり飛び越え、川へ落下。
川に着水そして、対岸に向かって泳ぎ始めるが前日の雨で流れが速い。
更に服を着たままの爺さん、対岸まで泳いでたどり着けず、どんどん流されて見えなくなった。
そして遠くから爺ちゃんの「ぬあ〜〜〜〜!」と言う雄たけびが聞こえた。

189 名前:27[sage] 投稿日:2006/01/26(木) 23:52:46 ID:QaAnjMUq
流れていった爺ちゃん。
町内会の人を婆ちゃんが呼んできて、懸命の捜索をしたにも拘らず、爺ちゃんは見つからず。
婆ちゃんは『告白されていきなりこんな別れなんて有りか!?』と嘆いたらしい。
日が傾きかけていたのですぐに日が沈み、その日の捜索は打ち切られた。
家に帰った婆ちゃんは頭の中真っ白で、布団に倒れこんで泣いてたらしい。
深夜二時。
柱時計の鐘の音で婆ちゃん目を覚ました。
夢現だったので、よく分からなかったが遠くから足を引きずる音が聞こえた。
なぜか直感で「あ、○○(爺ちゃんの名前)だ…」と思ったらしい。
でも、今は草木も眠る丑三つ時…。
もしかしたら爺ちゃんが一人じゃ寂しいから迎えに来たのかもしれない、婆ちゃんは思って塩を持って玄関の石畳で待ち構えてた。
ずるぅー、べしゃ…、ずるぅー、べしゃ…。
足音が遠くから、家の前まで来て止まった。
うっすら月明かりで玄関の擦りガラスの引き戸に、人影が写った。
紛れも無い、爺ちゃんの影だったらしい。
恐る恐る婆ちゃんは引き戸の鍵を開け、身構えた。
爺ちゃんらしき影は、引き戸の鍵が外れると同時に引き戸を開けた。
婆ちゃんは開いた瞬間に、握っていた塩を影にぶつけた。
そうしたら、影がこう言った。

影「お前を嫁に貰わんと、死んでも死にきれん…」

190 名前:27[sage] 投稿日:2006/01/26(木) 23:53:36 ID:QaAnjMUq
影はやはり爺ちゃんだった。
足に巻いてたゲートル(包帯みたいな奴)が解けて、引きずりながら海の方から戻ってきた。
婆ちゃん、ほっとして泣き崩れたらしいよ。
でも、爺ちゃんも泣きそうになってたらしいけど、頑固だから照れ隠しに怒ったらしい。

以下、爺ちゃんと婆ちゃんの話より
爺「ふん、お、お前の為に戻ってきたんじゃない、これからのわしの家族の為に戻ったんじゃ!」
婆「…はい。」
爺「いや、でも、まあ、あれだ。わしはお前のこと考えたら口から心の臓が出そうになる…」
婆「私もです…。」
爺「…。」
婆「…。」
爺「その、あのだな、…心配かけてすまなかった……。」
婆「グスグス…。」
爺「ええい、もう泣くな!わしは死なん!御国の為に、お前の為に、必ず生き抜く!」
婆「……はい。」

爺ちゃんと婆ちゃんはその後結婚。
誓いの言葉通りに爺ちゃんは満州で終戦を迎え戻ってきて、婆ちゃんと結婚生活を送り一男一女を儲け、今に至る。
今爺ちゃんは、孫の俺と妹を見ると目がへの字になってものすごく可愛がってくれる、昔の頑固さなど微塵も感じない。
けど、婆ちゃんを思う気持ちは昔のままだなとすごく感じる。









791 名前:おさかなくわえた名無しさん:2006/02/04(土) 22:44:57 ID:bi+Pw2jH
買い物から帰ったら、父が次男とケンカしていた。
井上和香と小池栄子のどっちが好みかでもめたらしい。
アホだなーと思い放置して夕飯を作っていたら、
言い合いの内容がキューティーハニーは初代アニメとサトエリのどっちがそそるかにシフトしていた。
そこへ末っ子が登場して「つか、くだらないことでマジうるさいんですけど」と、こめかみに青筋立ててツッコんだら静かになった。

夕飯食ってる最中、末っ子が不機嫌なせいもあって全員無言だったんだが、父がぼそっと。
父「でもお母さんは初代ハニーに似てたんだよ、昔(*´・ω・)」
末「うるさい(゚Д゚)」
父「ごめんなさい(´・ω・`)」
次「そうだ親父はうるさい(゚Д゚)」
父「お前はお父さんにうるさいって言う権利ないの!(#`・ω・)ノシ」

「でも」ってことは、食ってる間ずっと「初代ハニー=おかんの若い頃」について
考えてたんだろうなぁと父を可愛いと思いつつ、丸めた新聞紙で二人の頭をはたいておいた。

あと片付けしてたら、次男が持ち出したサトエリの写真集を見ながら
「かわいいなと呟いたのが聞こえたので、
おかんに明日ご飯を供える時に報告しとくと言ったら、
「ダメダメダメダメ(´;ω;)ノシ」とものすごい必死だった。
63にもなってそんなにもおかん萌えか、おとんよ。


('ω')和むかな〜
posted by Seckey at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。